じぶんらしく、いきるばしょ。つくしハウス

  • つくしのこと
  • 活動紹介
  • 利用案内
  • 募集情報
  • つくしコラム
  • つくし日記
  • お問合せ

つくし日記

わたしの気持ち ②

テキスト/N公開/2016.12.27

つくし通い出して4年7ヵ月までぐらいの時は、生活している楽しみを感じきれてなくて、つくしに通っていても、つくしを好きやと正直思ってなかったです。

つくしは、私がどこか通いたいとか何とも思わずに、「友達がいたらいいなぁ。」て、ただぼそっと言ったから「つくし」をお母さんがすすめてくれたんです。

その時、世の中の事が全然わからず、自分自身、何のためにつくしに通っているのか全くわからないまま、つくしとの生活をしていて、その4年7ヵ月ぐらいまでかけて少しずつ世の中の事を知ってきました。

今から振り返ると、特に2015年の待賢運動会の時、スタッフのIさんが、私に声をかけてくれた事で、自分自身がどう変わったかまでは、わからないんですが、っていうか覚えがないのか知らないんですが、自分自身が良いようにかわったんです。

その待賢運動会の時から自分がつくしのメンバーさんとして、自覚を感じはじめまして。

それまで、家で手芸をやる事しか興味がなく、手芸が楽しかった。

失礼ですが、そもそも自分自身、世の中を知らなかったから。

自然に頭が、「家で手芸する」しかわかりませんでした。

それでつくしに自分自身が興味を持ち初めて、だんだん世の中ってこういう楽しい事があるんだっていうのを知っていって。

まぁ手芸を大切にしていきたいと思っていますが。

私の中でパーセントでいうと、今、家でのフェルト手芸とつくし(外に出る事とか。)の2つが、

今から1年前の2015年の待賢運動会の時は、フェルト手芸が90%でつくしが10%でした。

が、今はフェルト手芸50%、つくしが50%です。

わたしの気持ち ①

テキスト/N公開/2016.12.27

幸せな時間が私にくるほど、いろいろな思いがうかびます。

例えば、テレビドラマを見ててわからない言葉がいっぱいあって。

私が病気にならなければ学校に行って、言葉をみんな知ることができたのに。

残念だな、とか。

私の病気は、たびたび急に困ったり、つらかったり。ひんぱんに気持ちが、おそってきます。

毎日、それで10代のころからふりまわされて、でも忘れるからだれにも伝えようがなくて。

毎日がとにかく「つらい」の一言しか言えません。

なんで私が長年にわたって、こんな目にあわなきゃいけないの?

だれにも伝えられない。それで忘れる、そのくりかえし。

この文章が書けるようになっただけでも、つらさがやわらいでいるしょうこです。

アイアイハウスの記念タイル

テキスト/スタッフ 大里公開/2016.12.5

12月に入り、すっかり季節は冬。
年末に向けてつくしハウスはボーナスキャンペーンで大忙しです。

ご注文を頂いたみなさま、もうすぐ商品がお手元に届くと思いますのでしばらくお待ちくださいませ!!

先日、北区、上京区で活動している社会福祉法人「アイアイハウス」さんが、新たな事業所を建設されるとのことで、つくしハウスでもささやかですが、応援させていただきました。

新たな事業所建設にあたって、「タイルプロジェクト」として事業所のエントランスに300枚のタイルモニュメントを設置されるそうで、
つくしでも1枚、書かせてもらいました!

つくしのオリジナル「T・I鳥」。
T・I鳥の作者のT・Iさんだけでなく、

「こんな色で塗ったらいいんちゃう?」「背景にハート書いたらかわいくなるかも!」

など、スタッフ、メンバーみんなで仕上げて、素敵なタイルの下絵になりました。

これからタイルを焼いてもらって300枚のうちの1枚になります。

タイルが出来たらぜひ見に行きたいです!

%e3%82%a4%e3%83%af%e3%82%a4%e9%b3%a5%e3%80%80%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

★アイアイハウスさん、なかまたちが過ごす新たな事業所建設でまだまだ支援が必要です!ご支援よろしくお願いします★

「アイアイハウス」ホームページ
アイアイハウス

相模原市の障がい者施設での殺傷事件から1ヶ月

テキスト/スタッフ公開/2016.8.26

相模原市の殺傷事件から今日で1ヶ月になります。
再発防止に向け、国は措置入院制度のあり方を含め事件の検証と再発防止を検討するとして、
医師や有識者等の構成により検討チームを発足させました。
事件の全体像が不十分ななかで拙速な結論を急ぐことはあってはなりません。
防犯上の対策は必要ですが、事件の背景を深く掘り下げる必要があります。

障がいのある方や家族への理解を深め、いのちを尊び合える地域づくり、地域生活移行への仕組みづくり、地域での共生こそが最も必要なことであることは言うまでもありません。

尚、本日8/26(月)の京都新聞朝刊に今回の事件に関するつくしハウス利用者 徳山環さんのインタビュー記事が掲載されています。

また、このホームページにおいても徳山さんに今回の事件を受けての自らの思いを書いてもらいたいと思っております。

IMG_6411無題

京都新聞インタビュー記事より抜粋

「役に立たないとみなし、差別するならば、精神障害者も標的になりかねない」
「私たちは生産性は低いかもしれない。でも働けるかどうかで人間の価値を決める社会は異常だ。違いを受け入れることが社会の豊かさにつながる」

ボーナスキャンペーン

テキスト/スタッフ公開/2016.8.5

毎年夏と冬の2回行っている物品販売事業「ボーナスキャンペーン」
今夏も佳境を迎えていますがつくしハウス全員で取り組んで売り上げUPを目指していきます!

さて、そんなボーナスキャンペーンで毎回様変わりするイチオシ商品。
今回は熊本県にある「障がい者支援施設 就労支援事業所 熊本こすもす園」さんで作っている「くまモンカゴ」を仕入れて販売させていただきました( *´艸`)
おかげさまで皆様から多数の注文をいただき、早くも完売しました( ゚Д゚)
IMG_6337

自然災害に遭いながらもくまモンカゴを作っていただいた熊本こすもす園さんに感謝の気持ちを込めて、色紙に寄せ書きをして送らせていただきました(^^♪
DSCF7754DSCF7755

そしてそして!!!
今回のボーナスキャンペーン期間中には間に合いませんが追加でくまモンカゴを作製していただき、つくしハウスに送ってくれる事になりました( ;∀;)
熊本こすもす園さんありがとうございます

完売後も多数の注文をいただいた皆様にも購入してもらえればと思います。

重ね重ねにはなりますが、熊本こすもす園さんの利用者、職員の皆様
本当にありがとうございます!